OMBC杯

12月16日、第16回目となる小倉MBC杯が開催されました。
日頃、お世話になっている近隣3チームを招いての試合でしたが、
好プレーの連続に会場は多いに盛り上がりました。
結果は以下の通りです。

リーグ戦

①若松 32-52 小倉
千城 24-16 北貝
③若松 20-49 北貝
千城 49-20 小倉
千城 40- 5 若松
北貝 56-20 小倉

優勝   3勝0敗 千城MBC
準優勝   2勝1敗 北貝塚MBC
3位    1勝2敗 小倉MBC
4位    0勝3敗 若松MBC

表彰式の様子です。
Dscf0459





優秀選手賞


水澤麻里子(千城MBC)
多田愛実 (北貝塚MBC)
菅原百華 (小倉MBC)
伊藤美咲 (若松MBC)

Dscf0464





フリースロー大会


優勝   小松実樹(小倉MBC)
準優勝  飯塚詩織(千城MBC)
3位    笠原優芽(北貝MBC)

Dscf0466





お楽しみゲーム

優勝チーム     15-14 2~4位チーム選抜

全チームコーチ陣 16-12 全チーム選抜

こちらは、コーチ陣との試合の様子です。
一発退場をくらったTコーチが見えますね(笑)

Dscf0457

                                                                                        



お昼の様子
Dscf0454                                                                                                                                                                    

 
                                                                                              

Dscf0453_1                                                          

                                                                                                                                                                          


Dscf0455





何 はともあれ、滞りなく終えることができてホットした感じです。
お忙しい中、参加して頂きました、北貝塚MBC、千城MBC、若松MBCの関係者の皆様
本当にありがとうございました。
今後ともどうか小倉MBCをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WJBL

11月12日は、忙しいスケジュールの合間を利用して WJBL公式戦

『JAL ラビッツ』 VS 富士通レッドウェーブ

の試合観戦に成田市体育館に出向きました。

現地到着時刻は9時前だったと思う。
試合開始は13時30分~にもかかわらず、駐車場はほぼ満車の状態!!!
どうやら、前座として行われるミニバス交流戦 

成田選抜 VS 印旛選抜

に参加する選手(チーム)の車で一杯になってしまったのだろう。(推定)
アリーナに入ってみるとその前座戦はすでに始まっており、
観衆の多さと、その大歓声に圧倒されてしまいました。
プロの選手がプレーするコートで、しかも大観衆の中でプレーができるとあって、
印旛の子供達にとっては一大イベントだったんですね。

あのセンターの選手がうちのナオだったら? あの小さいガードの選手がミカだったら?
なんて重ねて見たりして…ちょっと羨ましい気がしました。

さて、今回の観戦の目的は、秋の大会を1週間後に控え、
プロのスーパープレーを見ることでモチベーションが高まってくれれば?
と考えたわけですが、我が小倉の選手達はというと
お弁当におやつ、試合の合間には外で缶けり、鬼ごっこetc…。
ちょっとした遠足って感じになっちゃったかな???(苦笑)

しかし、JAL VS 富士通 の試合が始まると

主力選手達の目つきに変化が…!!!

JALの♯5 山田選手 ♯8 岩村選手 ♯11 矢代選手
あたりのプレーを見ながら
何やら議論を繰り広げている様子…。

ガードの速い玉運び。ゴール下の激しい攻防。リバウンド争い。

おーーー。掴みとってくれたか!!!!

と思ったら、誰からサインをもらうかって打ち合わせだったみたい…(泣)
やはり小学生の女の子達なんですね…。
会場の様子は ↓ こんな感じです。(クリックで拡大します。)
                                                        
Rimg0171_1 Rimg0172_1                   





ところで、関東予選会場である船橋アリーナに行かれたIコーチ、Kコーチ
うぐいす役はどうでしたか?
カラオケで鍛えた美声はきっと観衆をしびれさせたんでしょうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のトピックス

随分と間を空けてしまいました。気がつけばもう1ヶ月…

いくら何でも サボり過ぎ!!! ですよね。

それでもアクセスカウンターの数値は緩やかながら上昇を保っています。
更新を楽しみにして下さる方がいるかもしれないということを肝に命じて頑張りたいと思います。本当にごめんなさい。

早速ですが、小倉MBCの最近の状況を紹介したいと思います。題して

小倉5大トピックス

第1位 9月から新しいコーチを迎え、新体制で活動中。

新Mヘッドコーチの熱い指導で、選手達もどんどんバスケットが好きになり、ちょっとだけ、たくましさも身について来たように感じます。敗けるとわかっている試合でも、声をからして指示を送り、様々なテクニック、試合に臨む心構え、選手である以前に大切なこと等、短期間で本当に多くのスキルを身に付けさせて頂きました。
そろそろ勝利のプレゼントで恩返しをしたいです。

第2位 新入部員急増中。

練習が盛り上り、本当にうれしいことだけど、練習スペースが窮屈になり気味???
こんな感じです。   

Dscf0409                                                                                               
                                                                                                 
                                                      

これまでにはなかった激しい選手争いといった気配も感じられるようになりました。
とてもいい雰囲気です。1日も無駄にしないという緊張感、競争心を持ち続けながら練習に取り組んでいってほしいと思います。

第3位 キャプテン戦列復帰。

7月の負傷から3ヶ月…。やっとベストのメンバーで戦えるようになりました。試合を重ねる毎に、得意のカットインも復活の兆し??? ガンガン暴れて、長期間のウップンを晴らしてほしいです。ただし、ケガだけは要注意!!!

第4位 怒涛の15連戦(練習試合)に取り組み中。

何が怒涛かって、すごい勢いで連敗記録が伸びてるんです。(苦笑)
でも全て承知の上でのこと。秋の大会まではとにかく苦しいことをこなし、その中から何かを掴み取ってくれればと考えています。連日の試合で大人軍団(保護者)も大変だけど、選手同様に踏ん張りましょう!!!

第5位 掲示板の危機。

ホームページの掲示板に迷惑な書き込みが急増。ついに来たか!!!って感じだけど、正直管理人は困ってます。応急的な対策で迷惑をお掛けしていますが、近々恒久対策予定です。もう少しお待ち下さい。

最近の話題はざっとこんな感じでしょうか…

そして、秋の大会まで残すところ  あと17日 となりました。
明日からの3連休も練習試合の予定で、最後の追い込みに入ります。どんなに敗けが続いても、
『今日やるべきこと』『明日やるべきこと』…
その日その日にテーマ、目標を持って必ず実行して行こう。

本気の取り組みがあれば、必
ず可能性が見えてくる
はず!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやじ連盟の対戦が実現!

9月30は 王子台ミッキーズさん との練習試合でした。
実はこの試合、2つの大きな楽しみがありました。

小倉もいよいよ印旛へ進出!!!
千葉から出るなんてここ数年なかったことで
小倉が千葉から出たらどうなる?って見所が1つ目の楽しみ。

そしてもう一つの楽しみは
この試合、ミニバスファンのお父さん、お母さんが集まる『おやじ・おかん連盟』 http://minibasrenmei.blog41.fc2.com/blog-entry-27.html
の千葉支部交流戦だったんです。

『いつか対戦が実現するといいですね』といった、BLOGの中でのやりとりはあったのですが、Mコーチがミッキーズのayayui-papaさんと知り合いとのことで今回、両者を引き合わせてくれました。驚きの接点というかMコーチの人脈の広さに脱帽って感じですね…。

さて試合結果の方はというと

最高得点差記録更新!!!

もちろん小倉の負けです。(泣)

ミッキーズさんにとっては練習にならなかったんじゃないかと
ちょっと申し訳ない気持ちになりました。

王子台ミッキーズの皆様 ayayui-papa様 
これに懲りずに(苦笑)、今後ともお付き合い頂ければ幸いに思います。
当日は本当にありがとうございました。

う~ん… しかし勝てない。
技術力は着実にレベルアップしてきているように思んだけどな~…。
ちょっとゴールを連続されると緊張感が途切れる。
攻守の力が緩んでいくのがよ~く判る。
何か変な壁を作ってすぐ諦めモードに入ってるんじゃないの???

『気持ち・心』といった部分の強化の必要性を強~く感じさせられた1日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

over and over…

over and over …

実はこれ、日本人初のNBAプレーヤー 田臥雄太 選手のメッセージである。

何回も能代弁で叱られ、
何回も英語でも怒鳴られ、
その内の何回かは理解できなかったけれど、

何回も小さいから無理だと言われ、
何回も大男が落ちてきてケガをし、
何日も眠れない夜を過ごし、
何回も人の言う事に耳を塞ぎ、

何回も逃げ出そうと思った。

けれど…

何万回もパスをし、
何万Kmもドリブルして
何万回も相手をフェイクし、
何万回も速攻を出し、
何万本もシュートを打って、
何十足もバッシューを履きつぶし、


そして僕はアメリカのコートに立った。        (NIKEのCMより)

田臥選手は、
何度も何度も苦難に遭遇したけれど、何度も何度も同じことを繰り返して練習し、
自分の夢を実現したってことなんだろうな…。

何が言いたいかというと、夢や目標を持つことが大切だ ということ。

信じた道を突き進む意思の強さ、チャレンジスピリットといった源は
やはり、夢や目標があるからこそ生まれるもの。
そして、それがあるからこそ、どんな苦難にも耐えていけるのだと思う。


苦しい時、くじけそうになった時には思い出してみよう。

『自分の夢は何なのか?』 『自分はどうなりたいのか?』

そしてまた、何度も何度も繰り返して練習する。
そうやって頑張ったこと、積み重ねたことが、人としての価値というものを高めていくのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新応援ぐっず

新応援ぐっずのリニューアルが完了した。
以前、紹介したことがあるが、問題点は(下の写真参照)

Dscf0281                                             
                                             
                                             
                                             
                                             

OMBCの文字がボロボロ→OMBCボロボロ→OMBCボロ負け

必勝の勝の字が破れている。→OMBC必ず破れる→OMBC必敗

縁起悪すぎっていうか、これじゃ応援になんないね?ってことでした。

そして、今回完成したものがこちら
                                                                                                                    Dscf0371
                                              
                                              
                                             
                                              
                                             
強気! 根性! 本気! 走れ! 執念!

今の小倉の選手達に必要なキーワードです。

ただし、意味が理解できないのか? 漢字が読めないのか?

新しいうちわになっても、選手達の戦いぶりに大きな変化はありませんでした。(泣)

そしてもう一つの新作はこちら

Dscf0366                                              
                                            
                                              
                                             
                                            
実はTシャツまで作っちゃったんです。

こちらは子供達用

Dscf0345                                                  
                                              
                                              
                                              
                                              
うちわの貼り換え作業に協力いただきましたお母様達、
そしてTシャツの企画から発注まで一手に引き受けて下さいましたミキティーのお母様。
本当にありがとうございました。                                                                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋に向けて…

夏休みも終わり、もう9月である。
サマーフェスティバルその他各種大会、合宿、
千城台北小までの移動の引率(体育館が使えなかったことによる)等、
この休み中は本当に忙しい毎日であった。
コーチ、保護者の皆さん  本当にお疲れさまでした。

秋の気配が感じられるようになり、涼風に当たりながらホッと一息…
疲れなのか、それとも年のせいか?? 
もの思いに耽ることが多くなった。
『このまま終わってしまうのだろうか…?』
『子供達に残された時間は…?』

ここに来て、ちょと弱気モードかな…???

しかし、どんなに負けが続こうとも、チームのコンセプトはただ1つ!!!

決してこれで終わりにしない。諦めない。

子供達にはこの壁を乗り越える価値ということを第1に教えていかなければと思っている。

大会の結果は不本意だったが、
この夏の練習で全ての選手が一回り成長したことは確かではないだろうか。
特に、前にも紹介したミッチー。
若葉区の大会では優秀選手にも選ばれた。

Dscf0375                                                
                                             
                                             
                                             
                                             
春の頃にくらべると、ドリブルにしてもパスにしても、
ボールさばきが明らかに速くなっている。
また積極的にシュートも狙えるようになってきた。(ミドルシュートの武器を身につけた。)
実は、この選手 いつも『誰かがやってくれるから…』等と、
どちらかというと客観的な取り組み方の選手であった。
しかし、ここ最近の活躍、負けた試合のあと涙する姿等を見るに、

意識の変化  ということを強く感じる。

ヒントはここにあるのではないだろうか???

バスケットボールは
スター選手が1人いたって絶対に勝てない。
コートに立つ5人全てのメンバー1人1人が『自分は貴重な戦力』であるということを
強く認識しなければならないのだ。

秋を目指す小倉の選手達!!!

今までと同じ考え方ではきっとまた同じ結果に陥ってしまう。
何度も言うが何かを変える意識を持って練習に取り組んで行ってほしいと思う。
今日出来なくても、1週間やって出来なくても、
諦めなければいつか必ず『頑張ってよかった』と思える日がくるはずだ。


『次の試合で活躍するのは自分だ!』ということを目標にして頑張れ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恒例の合宿練習

8月2~3日にかけて毎年恒例の合宿練習が行われた。
テーマはやはり、よりチームの和を深める事。
同じ釜の飯を食い、一緒に寝泊りすることで仲間の意外な姿を見つけよう!!!
(ちょっと違うか???)

1日目は超きつめ?の通常練習。特に小倉最大の課題であるディフェンスを重点にメニューを消化し、
 Dscf0316                                                                                                                              






2日目は千城さん、椎名さんとの合同練習というスケジュールであったが、
豪華なスタッフにも恵まれ、充実した2日間になったのではないだろうか?
2日目のお父さん、お母さん、そして一部のコーチはなぜかグロッキーだったが…(笑)

夕食の席ではコーチより上半期の頑張ったで賞の授与が行われた。
まず、皆勤賞
1人だけ一度も練習を休まず頑張った子がいました。
あ○ちんで~す。パチパチ…

Dscf0326_1
                                             
                                             
                                             
                                             

これからも頑張ってリョーチンばりのポイントガードを目指せ!!!

大声で頑張った賞
本当に元気な声で頑張っています。
チーちゃん パチパチ…

Dscf0328







持ち前の大声で相手をビビらせよう。強気のディフェンスを目指せ!!!

上達したで賞
最近めきめきと実力を上げてきた。
ミッチー パチパチ…

Dscf0329_1                                                                                                 
                                             
                                             
                                             


ロングシュートを極めればミッチーも夢ではない。
最強のシューティングガードを目指せ!!!

そして最後に得点王 
ケガが多かったけど頑張りました。
も○道 パチパチ…

Dscf0327_2                                             
                                             

                                                       
                                             

合宿シュートの成果を期待しているぞ!!!                                                     
                                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマーフェスティバル

7月22~23日は、サマーフェスティバルの予選であった。
今期中盤の大きなイベントであり、1つの目標に位置づけて練習に取り組んで来たが

・キャプテン欠場によるゲームメイクの乱れ。
・変わりに急遽出場することになった控え選手の動揺。
・明らかな士気の低下(元気のなさ)

張り詰めていた緊張感が途切れ、一気に崩れてしまったと感じた試合内容であった。

4敗という結果…
やはり危機を乗り越えることは出来なかったか???
というより、ハプニングを起こしてしまったこと、その後立て直すことも出来なかったこと…
それら全てを含めて今の実力。小倉の弱さ、甘さなのであろう。
この現実は、しっかりと受け止めなければならない。
苦しみもがきながら戦って見えたもの、感じた思い…
それこそが勝負の世界の厳しさ、乗り越えなければならない壁なのだ。

気が付けば、我々の活動も、はや中間地点に差し掛かった。
ある高さまで到達し、雲の中へと突入するもなかなか頂上が見えてこない。
3歩進んで2歩下がるといったところであろうか???
しかし、1歩ずつ着実に進歩はしている。
ここが踏ん張りどころだ!!!

これまでの自分達を振り返って反省し、また次に向かって
1歩ずつ確実に踏みしめて行こう。

敗けたということがいつか必ず大きな財産になる…。
スラムダンク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉MBC 最大の危機???

7月17日 練習試合

2試合目、試合開始早々にアクシデントが起こった。

キャプテンの負傷…。ガ~~~ン!!!!

一瞬、何が起こったかわからなかったが、歩くのがつらそうである。
しばらく様子を見るも、これは明らかにおかしい。
出来ないことをコーチに告げる目に涙が…。

大腿付け根部分の剥離骨折 全治2ヶ月。

サマーフェスティバル出場も絶望的となった。
無念だったのだろう。

春の大会から約1.5ヶ月
キャプテンには多くのことを言い続けてきた。

・『これで終わりにしない』という断固たる意思を強くもつこと。
・みんなの模範になれるよう、誰よりも努力し自分をみがくこと。
・くじけそうな仲間を支える事。
・コーチがいなくてもしっかり練習できるようチームをまとめること。
・etc…

まだまだ至らない部分が多いが、
自分の重責という理解は固まりはじめていたように思う。

相手の勢いを『自分が止める』と飛び込んだ結果の出来事…。
はせる気持ちにブレーキをかけてあげられなかった。

重大な見落とし である。

退場後のチームがガタガタになってしまったように、もともと選手層
の薄い小倉にとって、主力選手を欠くことは致命的なのである。
選手を大切にするという配慮の欠落が悔やまれてならない。

コーチ、保護者の皆様
夏のために積み上げてきた事を無にしてしまいました。
本当に申しわけありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り9秒 1点負けでの2スロー???

7月17日 椎名小学校で練習試合が行われた。
参加チームは 季美の森MBC 椎名・おゆみ野南MBC 千城台MBCの4チーム。
サマーフェスティバルを数日後に控えていることもあり、どことなく緊迫したムード。
大会本番の会場のような雰囲気をかもし出していた。

初戦 季美の森MBCさんとの対戦。試合開始。。。

出足はまずまずといったところか。
特に切り込み隊長 キャプテン と 守護神 なお が好調である。
なおのセンタープレーはここ1ヶ月ほどの間で急成長。
今後も大活躍の予感???
しかし第2Qに入ると…  あれ、メンバーが???
どうやら、主力選手の1人が欠席らしい。
いつもの流れに持ち込めずに無得点。
逆に相手センター♯7ちゃんに
ゴール下およびミドルと立て続けに決められあっさり逆転を許した。

8-13で前半終了。

後半戦試合開始。。。

じりじりと追い上げるが、相手も必死で逃げる。
1ゴールを争う攻防だ。
そして最終Q 最後と思われるチャンス… 勝負の時が訪れた。 
相手ファールによる2スローである。

残り時間は9秒
スコアは 26-27 (1点負け)

この局面で選択肢はいくつか考えられる。
しかし、シューターの決断は2本強行…
そして、見事!!! 
2本とも外しちゃいました。
最後のリバウンド勝負も、もつれてその間に試合終了。

1点差でも負けは負け! トーナメントならその時点で THE ENDである。
最後の勝負もさることながら、それ以前に簡単に相手を通して許した1点。
イージーシュートを決めらずに失った1点のことの方が問題は大きい。
1点の重みということについて考えるいい教訓になった試合だった。

続きは後日…  (小倉最大の危機???)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スラムダンク

新入部員が続々?と入部してきている。
今後の小倉MBCの繁栄を考えるととてもうれしいことだ。
下の写真はその一部 (撮影 : キャプテン)←1人顔がかくれちゃってるぞ!!! 

Dscf0268_1                                             
                                             
                                             
                                             
                                             

この子達の指導を主に担当しているTコーチから
ルールをおぼえるのに、『これを参考にするといいよ』とある単行本がわたされていた。

それは   『スラムダンク』   である。

なつかし~いって感じだったけど、
これを見てバスケにのめりこんだ例って多いんだよね。
みんな俄然やる気がわいてきたんじゃないかな?
この中から花道、流川のようなスーパープレーヤーが生まれるかな???
小倉の将来を担うヒヨコ達。頑張ろうな!!!

一方、読みものの苦手なキャプテンはDVDにはまってる様子。
                                                      
                                                      
Dscf0279

                                                                                                                                                                                                                                                                           
                                            

これを見初めてからかなりモチベーションが高ぶってるようで
レイアップシュートの練習が

それダンクに行こうとしてんじゃないの~~!!!

おかげでシュートが入んなくなっちゃいました。(苦笑)

気持ちを高めるということは大切なことだけど
まずは、庶民のシュートを絶対に外さない練習をすべきだぞ!!!

それとゲラ笑ばかりではなくって、
安西先生がミッチーに言った
『諦めたらそこで試合終了だよ…』って言葉。

神奈川予選決勝リーグ 対海南戦
パスミスで敗けた後に花道が流した涙、そしてその後の決意

同じく神奈川予選決勝リーグ 対陵南戦
試合の流れを変えた3ポイントシュート。 めがね君の執念

あたりを よ~~~く かみ締めて見てほしいな。

しかし、我々が若い頃に夢中になった作品が
次世代にまで引き継がれようとしている。
さすが発行1億冊を超えた、多大な影響力のある名作である。
バスケットの歴史を継承する1つの形とその瞬間を見たような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

体育館が使えない???

夏休みも近くなり、合宿や一日練習等、選手達の強化スケジュールを検討していたが、
いきなりショックな情報が舞い込んだ。

体育館が使えない???

最初は『ウソでしょ~???』って感じだったが、改修工事のため全面使用禁止。
しかも、7月14日から夏休み中一杯の予定らしい。

それにしても急すぎる。このまま路頭に迷いながら
夏休みを過ごすことになるのだろうか???
代表は代替練習場の問い合わせと確保に必死の状態。
ただでさえ忙しいのにね…。

ひょっとしてこれは親に課された試練か???

『何のこれしき!!!』

乗り越えてみせようじゃないのピョン太君!!! ←???
ここでへこたれたら子供達に示しがつかないもんね…

燃えろ小倉の大人軍団!!!

でも本当はちょっと微妙かも(笑)


ところで、下の写真何だかわかりますか?

Dscf0281                                             
                                             
                                             

                                                

これ、応援グッズ(ウチワ)に貼り付ける絵の原図なんです。
興奮するお母さん達が多いから、結構損傷が激しくって…(笑)

現在使用中のものは

表面
OMBCの文字がボロボロ→OMBCボロボロ→OMBCボロ負け

裏面
必勝の勝の字がやぶれている。→OMBC必ずやぶれる→OMBC必敗

おいおいこれじゃ応援になってないじゃん!!!
いくらなんでも縁起悪すぎだよ!!!

てなわけで、早急に貼り替えします。(デザインもリニューアル予定)
ちょっと変った小倉に期待してみて下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちに待った勝利!!!

7月2日 春の屈辱から約1ヶ月。
『自分達のしてきたことが正しかったのか?』試される時が来た。
千葉市青少年つどい球技大会。夏シリーズの幕開けである。

ドキドキドキドキ~~~~前夜、キャプテンは眠れなかったようである。
なぜかって、『次は必ず勝ちにいく!』と張り切ってはみたものの、1つだけ問題が…
我ブロックには春大の覇者 北貝さんがいるのだ。
このクジ引いちゃったらどう考えたって、勝ち目はなく、またまた連敗記録更新。
悪いイメージが脳裏をかすめていたらしい。
いつも緊張するのは親の方だけか?なんて思ってたけど、どうやらそうでもなさそうだ。

そして運命の瞬間????  『ホッ…』 キャプテンは胸を押さえた。
なんとか北貝さんはかわしたらしい。
しかし、決定した初戦の対戦相手は若松さん 
4月の練習試合で 50-7 と惨敗したチームである。
いずれにしても苦しい戦いが予想される。覚悟が必要だ。

前半戦試合開始。。。

先取点はいつも通り相手チーム。またか…???
しかし、ここからが違っていた。
パスカットからの速攻が冴え、すぐに取り返してさらに加点していった。
いつも不安のある第2Qグループも踏ん張って得点を許さず、
相手の7ファール等もあって、前半戦 18-6とリードで終了。
このような試合展開は始めてである。
興奮してきた。

後半戦。。。

相手チームはオールコートでボールを奪いにかかった。
これには苦戦、ジリジリと追い上げられ、
気がつけばいつのまにか1ゴール差、
おまけにあせりが出たのか、こっちが痛恨の7ファール。
さすがにたまらなくなった。

『何をあわててんだよ!!!!』

聞こえるはずもないがだまってもいられない。時間が異常に長く感じた。

残り20秒 3点差となるゴールが入るがまだ安心できない。
残り10秒
残り 5秒

やっと『試合終了』のブザー!

『ヤッター!!!!!』

選手達の喜ぶ姿が見えるが、応援席ではどっとため息がもれた。
29-26 
連敗記録が止まった瞬間であった。
ずっとこの時を待っていた。
最後はどうなるかと思ったが、諦めずによく耐え抜いたと思う。

『価値あるリベンジ』 『3位の賞状』

弱小ヒヨッっ子軍団にしては立派じゃないか!!!!

でもこれで終わりじゃないぞ。
次を目指して更なる試練に耐えていこう。

燃えろ小倉の子供達!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後の小倉MBC

ちょっと気を抜いてたら10日以上も間があいてしまいました。(汗)
BlogPetのピョンタが意味不明な投稿で穴埋めしてくれているが…
頑張って更新しなくては!!!!(このセリフ何回目???)

さて、その後の小倉MBCの状況ですが、
とにかく練習は頑張っています。主力選手を中心に弱点を改善しようとする
工夫がみられます。
でも、まだまだ、声が小さくイマイチ盛り上がりに欠けるかな???

そんな中、今日はうれしいお客様に教えていただくことが出来ました。
ミニバスの指導経験もある方で、(数年前にもお世話になったことがあるらしい)
子供達が溶け込んでいくのにもそう時間はかからず、
また、動きにもすぐ変化が????

いったい、何をしたの???  

話に耳を傾けてみると
ただ一方的に、『アーする、コーする』と押し付けるのではなく、
『これができるようになりたい』と思わせてるんですね。さすがです。
短い時間でしたが、とても充実した練習になりました。
Mさん本当にありがとうございました。Dscf0269_1
                                                                                               
                                                                                    
                                                                                                               

明日は つどい球技大会です。燃えろ小倉の選手達!!!

もも  : 苦しい時、おまえの一本がチームを救ってくれる。キャプテンとしてみんなを引っ          張れ!!!

あや : あやのスピードがあれば必ず抜ける!後ろに下がるな!自分で前に進むの              だ!!!

みか  : 誰かがやってくれるのを待つのではなく、今、自分がやるべきことを考えよう!
     みかだって小倉の貴重な戦力なんだ!!!

なお : センタープレーがとてもうまくなってきた。みんな、なおを信じて外からゴール              をねらっていく。リバウンドをたのむぞ!!!

ゆり : ボールに対する執着心!逃げるな!通すな!追いかけろ!
     ボールは時限爆弾じゃないぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ春大!!!(BlogPet)

そういえば、totoが
戦った努力達、熱い指導を繰り広げて下さいましたコーチ、応援の保護者の皆様、お疲れさまでした。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ピョンタ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急対策会議

6月17日 近隣の3チームを招いて練習試合が行われた。
いずれも千葉市では決勝トーナメントを勝ち抜いていく実力のある強いチームである。
今回、我、弱小ヒヨッコ軍団はそんな先輩チームに胸をかして頂いた。
みつわ台MBC、都賀ビクトリーズ、山王MBCの皆様 ありがとうございました。

今回の反省点

1. いつものことであるが、立ち上がりのアピールが弱い。『勝ちにいく!』という気迫が
   感じられない。試合になるとなんでこうなっちゃうんだろう???

2. 1試合で平均20本(FS除)のシュート外し。特にノーマークでも入れられないのは悲
   し過ぎる。

3. パスミス、トラベリング多発。これも自分達のリズムへ導けない1要因。

4. やっぱり、走れないな~!!!

5. etc…

てなわけで、今回も惨敗。連敗記録をさらに伸ばしてしまった!!!

さすがに危機を感じたコーチ、保護者はその夜、『緊急対策会議』のために集合。
選手を支える立場で我々は何をすべきか?についてみんなで意見をぶつけ合い…?
なんちゃって、Tコーチの歓迎会だったんです。でもヤケ酒になっちゃったかな??
Tコーチへ
若い?お母さん達につぶされませんでしたか?(笑)


しかし、OMBC大人軍団のパワー?は多分どこにも負けないですね!!!

この血を引き継ぐ子供達なんだからきっと…と確認し合ったのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

努力するということ(BlogPet)

totoが
『努力は人を裏切らない』  『○よりほんの少しの努力』これらは、有名選手達の信条であるが、勝負を征するものは必ず影で努力しているのである。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ピョンタ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○○ちゃんの趣味 No.2

ずいぶん間があいてしまいましたが、選手の横顔シリーズ 第2回目です。
ヒャ~~ このペースじゃ、まじで全員分紹介できるのはいつになる???
ピッチをあげて頑張らなくては…(汗)

さて、今回は速いドリブルを武器とする弾丸娘、○○ちゃんです。

Dscf0267_1                                             

                                             

                                             

この○○ちゃん。運動神経は抜群なんだけど、趣味は割りとオタク系???(笑)
実は、パソコンを自在にあやつる才女なんです。
いや~~ しかし時代は変った!!! こういうことが最近の小学生の間では
普通のレベルになってきてるんですね。本当に驚きです。

そんでもって、中でも最近はまってるのが、リブリーアイランド (←クリック)

最初OLたちの間で大人気になり、それが小学生に広って、今では大流行なんだって…

10006546114                                             

                                             

           

10006546119                                              

                                             

                                            

リブリーという様々な可愛いキャラクターを飼って育てるんだけど、
買い物して、自分の島をデコレーションしたり、食べる餌でリブリーの色も変える
こともできます。
ネットで色んな人が同時に入ってきていて、その人たちとチャットしたり、アイテム
を交換したりと、他にも盛りだくさんのようです。

チャットの様子をのぞいてみると 超~早いじゃん!!!!
何が?って、次から次へとメッセージが書き込まれてくるんです。
このタイピングの実力は、本当に参りましたって感じなんですよ。

そんな特技を生かして、将来 秘書なんか向いてるんじゃないかな???
でも、意外にも夢はパティシエになることなんだって…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

努力するということ

春大の後、数名の選手が自主練習を始めた。
自宅前の道路、先輩の家にあるゴールを借りて、ハーフコートのある公園など、場所、やり方は様々である。話を聞いてみると、

・『キャプテンのようなドリブルができるようになりたい…』
・『シュートが入らない… 体力をつけたい…』

そして忘れられないもう一言

・『チームに迷惑をかけたくない…』

その子はいつもコーチに怒鳴られている割と控え目に見える選手である。勝てないのは自分の責任と考えているのだろう。ハーフコートでひたすらシュートを打ち続けるが、1本も入らない。
『もう少し山なりに…』『もう少し前から…』仲間のアドバイスを受けながら50本も繰り返しただろうか? Tシャツがドロだらけになった頃、ようやく…。 
『やったー!!!』 

そんな光景を見ていたら、涙が出そうになった。
『こんなに頑張っているのだから…』という思いと、『自分がやらなければ…』、『チームのために…』、『みんなで協力して…』といったような前向きな姿勢、根性を感じたのだと思う。

努力するということは本当に地味なこと。
しかし、ほんの短時間でバカゲタことのように思えても、今回のようにその場で突然出来るようになることもあるし、そうでなくても、1週間、1ヶ月と継続していけば必ずやっただけの効果を発揮するのである。とにかくやってみる、続けてみることが大切!
『努力は人を裏切らない』  『他人よりほんの少しの努力』
これらは、有名選手達の信条であるが、勝負を征するものは必ず影で努力しているのである。

今、自分に出来る事を自ら考えて動き出したこの子達を、ずっと見守って行きたいと思う。

いつか必ずサプライズな日が訪れることを信じて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«春大、予選結果